昨日の仙台みたいなサッカーが見たい

先制点は意外や意外と言ってもいい、マリノスでした。
前がかりに攻め入って来る仙台の裏を突いての、マル→前田での得点。
前半開始から、得点シーンみたいな崩しが見られたらいいんですけどねぇ。

昨日のマリノスも、前節をコピペしたような試合内容と
相も変わらずの一部選手の出来。

あまりベンチは見ないんですけど、モンさんほとんど
椅子に座っている印象。
一方の仙台の監督は試合開始からコーチングエリアに出て来て
選手らに声掛けていたように見えていたけどな。
もしかして、モンさんやる気ないのかな?
声を掛けて指示をする、発奮させる術を持ち合わせていないのか?
前田のゴールの時も、じっと座ったままだった。
何か、水面下で監督交代へのフラグが立っているのかと勘繰り始める。

昨日のマリノスvs仙台を見て、素直に
「ああ、仙台みたいなサッカーをマリノスで見たいなあ」としみじみ思いました。
仙台の中盤もバックパスや横パスはするんですけど、
消極的なパスではないんですよね。
戦術的、意図的にマリノスを引き出そうとするパス。
引き出して生まれたスペースを使って、中盤を支配していく。
サイド攻撃の意識はあるが、中央からもどんどん繋いでいく。
そして、みんなシュートの意識も高い。

一方のマリノスは…。
言わずもがな。

とにかく、今からでも遅くないと思う。
昨季のグランパスみたいな道を辿って
最終的には降格という事のないように。

もっと、色んな可能性ある選手、戦術を試して
基本基礎から抜本的にマリノスのサッカーを見直してくれる監督を。
監督変わったけど、現行スタメンも学&マルに特化した戦術も
変えませんという監督なら、モンさんと一緒なので結構ですが。
スポンサーサイト
2017-05-21 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

いつまで我慢すればいいんだろう

勝ちました。
勝てたはいいんですけど、内容が無いよう。
選手達がもがいてもがいて、レベルアップを図ろうと
しているのも試合の中で垣間見ることもあります。
それでも、雲を蹴散らすような出来ではなかった。

マリノスは、ここ一か月流れからの得点が無いみたいです。
それは、モンバエルツ監督の変わらぬ選手起用と
対戦チームも作戦が立て易い、手策も限られた
変わらぬ戦術に現われているんでしょう。

週末の試合、前半19分のマルティノスの単独突破から
フェイント→シュートまで持っていった場面、
あそこ、良くなかったですか???
DAZN入っている人、ぜひ再度確認して見て欲しい。
あれこそ、マリノスに求められる真のFW像だと思うんですけど。
やっぱり、選手の起用再考やポジションの変更は
大胆に試みて見るべきだと思います。

現状では、天野より扇原の方が、前へのダイナミズムは感じられます。
守備面でのd不安が天野よりありますが、そこは喜田に頑張ってもらうしかない。
扇原が供給元として、しっかりしてくれれば
バブンスキーも頻繁に下がってボール受けることも無くなると思うんです。
そういった部分で、負の連動も解消されるんじゃないのかなと。

現状でも「我慢」を連呼する方がいますが、
どれだけ我慢すればいいんでしょう。
あまりパッとしないモンバエルツ体制も3年目。
我慢は、それ以前から続いているんですけどね。
マリノスが「強いな」と実感していたのは、俊輔が
最後の最後に項垂れたあの2013年ぐらいかな。

我慢の果てに、選手の成長とチームとしてのレベルアップがあり、
優勝はもちろんACLという終着点があればいいのですが。
その実感が薄い中で、我慢をするっていうのも酷です。

それでも、次の試合はやって来る。
サポはマリノスが好きな限り、応援し続けるしかない。|ω・`)
2017-05-16 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

降格圏が見えてきた

モンバエルツ監督がハリルに見えてきました。
ハリルが結果も内容も思わしくないのに、起用しなきゃ不安になるから
一部選手らを起用し続けるみたいな?
モンバエルツ監督も、とにかく現主力を起用し続けないと
何となく不安になる、信用出来ないみたいなのがあるのでしょうか?
ハリルも原口や久保などを起用して結果を残しつつあり、
何とか代表監督辞任の危機を乗り越えましたが。

とにかく、うちは攻撃が物足りなさすぎますね。
チームの戦術面もあるんでしょうけど、
この先もJ1では通用しないであろう選手がいます。
誰とは言いませんが。

そんな中でも、可能性を感じたのが後半投入の山中。
ウーゴと伊藤の2トップへの精度高いクロスは見物でした。
左サイドは学ばかりに負担かけるんじゃなくて、
やっぱり本職左SBの山中と2人で組み立てた方が、
相手への脅威にはなると思います。

あとボランチも中島賢星とか見てみたいです。
今の状況があまり良くないから、ルヴァンで結果を残している
選手にもうちょっとチャンスを与えてみてもいいんじゃないでしょうかね。
クラシカルな4-4-2なら、デゲネク&バブのボランチも見てみたい。
とにかく、今はボランチに少し問題点があると思っているので。

marino-fomationa.jpg

marino-fomationb.jpg
結果が出ていない以上、柔軟に色々試してほしい…

最後に得点にもっとも近くなくてはならないFW。
昨日の鳥栖戦は、後半ウーゴ投入して2トップにしたあたりから
何となく、攻撃に厚みが出ているように感じましたが、
1トップなら依然として、マルちゃん起用を推します。
マルちゃんの右での起用は「宝の持ち腐れ」だと感じています。

リーグ戦はこれで、内容も変わらずの3連敗。
そろそろ、降格圏が見えてきますよ。。。

2017-05-08 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ルヴァンから主力へ

ルヴァン甲府戦、見れていたいないのですが
主力組に割って入れそうな、期待の出来る選手はいたのでしょうかね?

リーグ戦は、何となくどんよりしているけど
ルヴァンは控え、若手で盛り返している印象です(´ω`人)

この結果、内容からリーグ戦のスタメンを替える、
一新するなど監督の柔軟な采配にかかっていると思うんですけどね。

新しい風で、リーグ戦も上昇を。
2017-05-05 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

監督の限界が見えてきた

スタメン発表を見て、「お、おう・・・」って最近なります。
結果も内容も出ていない、前半はいつもの悪い時のマリノスの
完全に引きこもって対戦チームの攻撃練習の相手をしているような、
しょっぱい試合が続いているっていうのに代り映えのない起用。。。。

マリノスの試合を定期的に観戦して、大体知っている方の
口を突いて出てきそうな、「学とマル頼み」。
中村俊輔が在籍していた時代の「俊輔頼み」が「学、マル頼み」に
代わったようなもんなんです。

その、マリノスの攻撃の核でもある二人が封じ込められた時の、
攻撃のバリエーションが存在しない。
それは、監督の力量に繋がってくるんじゃないでしょうか?

マリノスには、真ん中からパスを繋いで、ジワリジワリ押し上げて
シュートまで持っていくような戦術も適性を持った選手も起用していないんです。

ルヴァンで控え組が結果を残しているというのに、
試合に出たくてウズウズしているであろう選手に
チャンスを与えようともしない。
それでは、若手の更なる成長もありませんし、層も厚くなりませんよ。

昨日の右のマルティノスはやっぱり、一瞬のスピードは素晴らしいんです。
でもその後がね。
ドリブルで抜いて抜いて、シュートまでいってGK強襲までがセットなら、
サイドで起用し続ける価値はあると思いますが、
現状では、トップで起用して「ボール持ったら、ゴールへシュート」という
単純なタスクを与えた方が、スッキリしそうな気がしますけどね。

松田直樹なら、感情をあらわにして声を出し、
中央から不意を突く、ドリブルをかます。
俊輔なら、効果的なサイドチェンジでフリーなスペースを有効活用。
逆サイドの学へのピンポイントなパス。
先人から学んで、盗めるところも盗みましょう。
それも、勝つための一つの手だと思います。

今季の選手補強は、早めに揃えたフロント。
このまま結果が出なければ、監督の交代も早めに動くのを期待したいですけどね。
改善点を見出して、しっかり対策取ってくれる監督を(^^;







2017-05-01 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター