連敗。。。

Jリーグ 第5節 日産スタジアム
横浜Fマリノス 1-3 鹿島アントラーズ

栗原 勇蔵(前半42分)
土居 聖真(後半9分)
野沢 拓也(後半35分)
柴崎 岳(後半42分)



藤本が戻ってきた事もプラス材料だったのか
前節の甲府戦に比べて、前半からの攻撃の意識も高く、
前への推進力は力強かった試合に思えた。


前半の翔さんのPA内での仕掛けや藤本の
ゴール前での決定機がしっかり決まっていればな。。。


マリノスは、勇蔵のセットプレーからのゴールで
先制したものの、徐々に前への推進力は力を失ってく。
というか、マリノス側が大きくブレーキかかったというよりも、
鹿島の若さ溢れるプレー振りに押されて、同点、そして
逆転と差をつけられたイメージだったような気がしないでもない。


斎藤学というマリノスの一つの戦術が機能しなくても、
兵藤や藤本、中町とそして両サイドの絡みで
敵を崩すイメージは、何となく見えてきていると思う。
それを、もっと決定機という形で精度高めて、その数をいかに増やしていくか。
そうすれば、学の個人技も、セットプレーもそして流れからもと
攻撃のバリエーションという点では、去年を超えるものになるんじゃないかと。



あとは、FW陣がいかに仕事(得点)してくれるか。


昨日の翔さんも前半は得点の匂いしていたと思う。
言うならば、近所のカレーの匂いが判別できるぐらいに。
後半になると、前からチェイシングはしてくれるんだけど、
FWの仕事という面では、消えかけているのではと感じた。
ACLや天皇杯決勝で良い動きみせてくれた仁の出番はないのかなあと。


最後に一言。

昨日の審判団は本当にクソでした。
一貫性のないフラフラフラフラした判定。
主審のせいで、試合に負けたとは言いませんが、
審判レベルの低さで試合の質が落ちたの事実だと思いますね。


マリノスは、ミッドウィークにACLメルボルン戦。
ホームだし、何とか、勝ち点3もぎ取って、
週末のJリーグ新潟戦を良い形で迎えて欲しいです。


スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

2014-03-30 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター