価値ある一勝。

名古屋を除く、上位のチームがことごとく勝てなかった。
その中での、真下にいた広島との直接対決。

正直、試合開始からチーム内で約束事があったのか
あまりボールを追わない状況。
広島がボール持って、前へ前へと運動量で押して来る。

『やばいかな。』と思い始めた矢先。

自陣ゴール前でのボールの処理を誤って、
広島に先制を許す。小椋は体を預けようとしてバランス
崩していたもんなぁ。素直に飯倉にバックパスしていれば
防げた失点だった。

その失点で目が覚めたのか、徐々にマリノスの
エンジンが温まり出す。

やっぱり、俊輔が前を向いてボールを裁けるようになり、
功治がドリブルで仕掛けられるようになると、
決定力に泣いていたマリノスも得点の匂いが漂ってきます。

マリノスの先制点は、功治のドリブル突破からのこぼれ玉を
裕介がシュート、それを小野裕二が頭で軌道変えての得点。
前半のうちに、追いつけてよかった。

後半も、マリノスは守備から攻撃の展開。

中盤での、連携も徐々に無駄がなくなり攻撃に厚みが増す。
マリノスの追加点は、俊輔からのパスをサイドを駆け上がった
勇蔵が受け、中央のジローへ。
やっぱり、『FW』なので、ゴールへの嗅覚は特別なものがありました。

正直、後半半ばぐらいから、『そろそろ、選手交代で活性化を』と
思っていました。
木村監督の中で、確信的な『何か』があったんでしょうか。
まったく、動こうとしなかった。
その後のジローの逆転弾。

試合後のコメントからしても、何か手ごたえがあったのかも。


次は湘南だけど、油断は禁物。
上を行く上位のチームも直接対決も残ってるし、
最後の最後まで『ACL』の望みは残ってます。

取りこぼしだけは。しっかり勝って、一つ一つ
ACLへの階段を登り続けましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス
ジャンル : スポーツ

2010-11-02 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター