マリノスのサッカー。

諦めたくは無いけど、今日のような試合を見せ付けられると
ACL出場圏内は死守をと言いたくなる。

早い時間でのパンゾーの先制点後、
主導権を握ることも出来ずに、あっという間に逆転。
それ以降も、再逆転を目指すマリノスのサッカーは見えない。


①左SBは勇蔵、中央の金井はベストだったのか。

普通に左SBにそのまま金井か波戸さん、小椋の所にアーリアで良かったような。
金井は、ミスこそ無くプレーしていたけど、小椋の抜けた穴は大きかった。
そして、3失点目は勇蔵の無理な体勢のクリアが仙台へのパスに。
通常の位置なら、右サイドにこぼれるクリアだったんだけどな。
サイド対策?のつもりが、両サイド使われ、あたふたした印象でしたが。


②マリノスと最小失点を争う仙台に、現状FW。

何故、カズマを使い続けるのか?
前半は、簡単に足を入れられ、くさびにもならず、高さにも諦め気味に競るのを止める。
やっぱり、10番の方が、全身でキープして起点だったし印象に残った。
その小野の近くで動き回る選手がいたらなぁ。。。

それにしても、後半、早くでの小野の交代は疑問。

カップ戦、絶不調の相手に得点出来るけど、
リーグ戦の大事な試合に肝心の仕事が出来ていない。

③お決まりのクナンタイム。

もうこれは、相手に研究されているでしょう。
高さ対策、マークなどなど。
クナンに頼ることで、マリノスの攻撃は終わってます。
最近はクナンタイムも機能して無いように思える。

④この期に及んで、パスミス、トラップミス。

これは、もうどうしようもない。
アウェイに乗り込んだ仙台が、こんなミスをしていたでしょうか。

⑥指揮官の意図さえわからない、アーリアの使い方。

これは、①と②に繋がるんですけど、アーリアを明確に
谷口とのコンビとする方が、本人も分り易かったんじゃないかと。
もともとがそのポジションが本職なんだし。
最初の位置が右だったけど、右を積極的に使う選手でもないし、
かと言って、俊輔の代役でもなさそうだし。



理念も理想も無い、行き当たりばったりなサッカー。
これを現実路線と言うけれど、それでも今のマリノスが目指すサッカーが見えない。
「マリノスの目指すサッカーが見えない」という事を、
優勝争いをしていたこの時期に言うことも不思議なくらい。

上の3チームが揃って、この時期に謎の絶不調に陥るしか、
マリノスの頂点は無いですね。


もう一喜一憂はしないです。
大局的に見て現指揮官の能力では限界かと。
マリノスに何が必要で、どんな選手が必要なのか。
それに見合う選手の起用、育成もままならない。

やっぱり、一刻も早く背番号『25』の復帰を
待たないといけないんですかね。








スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス
ジャンル : スポーツ

2011-09-24 : 横浜Fマリノス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

厳しい状況ですね・・

やはり違いを出せる選手、俊輔早く戻って来て欲しいですね!
2011-09-27 02:52 : 死ぬまでFマリノス URL : 編集
Re: タイトルなし
> 厳しい状況ですね・・
>
> やはり違いを出せる選手、俊輔早く戻って来て欲しいですね!

そうですね・・・。

俊輔がマリノスにいる限り、依存せざるをえないようですね。

指揮官があれじゃ。。。

マリノスの将来をも見据えて、若手の育成などにも
力を入れる人だったらいいんですけどね。

2011-09-28 07:38 : マリオ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター