なんとか勝ち点3・・・。

鳥栖 0-1 横浜FM


前半は、鳥栖の半ば体当たりのような激しい守備、そしてプレスを
いなしつつ、攻撃へと繋いでいく。


そんな中、前半に思いもよらない動きが。
ボンバーの負傷交代。。。


足引きずっていたけど、大丈夫なんだろうか。
昨日も、栗原と共に要注意FW豊田陽平を抑えていただけに、
あの交代は残念だった。。。


前節の榎本といい、好調だった選手が試合中に
負傷で離脱というのは、何とも痛いですね。
大事に至らなければいいんですけど。


ボンバーの代わりに登場したのがファビオ。
ミスをする事無く、違和感なくボンバーの代役を果たした印象です。
時には、ボールカットから、自ら前へ攻め入る動きも。
まだ、プレーを見たのは数試合数時間なんですが、
セットプレーもボンバーと同様、脅威になりますし、いい補強したなと実感。
厳しい夏場を乗り切るためにも、ファビオのそつない安定した能力が凄くうれしいです。


そしてそして、攻撃。。。


マルキーニョスは、リーグ戦になるとゴールマウスから
見放されているかのように得点取れないみたいですね。
ナビスコは、きっちりゴール決めているのになあ。
昨日も、ハットトリック出来たんじゃないかと思うぐらいチャンスあったのに。
セットプレーからのバー直撃も惜しかった!!


惜しい!惜しい!惜しい!と頭を抱え、
「1点が・・・」と思ってた矢先、セットプレーから待望の先制点が。


我らが25番のFKから、カンペーさん。
マルキーニョスのバー直撃シーンと同じイメージのような感じがしましたが、
カンペーさんが確実に頭で合わせて貴重な貴重な1点に。


なんとかなんとかです。
1点1点。


結果1-0無失点で勝てたから、いいんですけど、
もう少し、早い時間帯で先制点奪えてらなあとも。
守備陣の緊張感ハンパないですよ。


最後に一言。
小さい子供たちがテレビなどで、メッシやCR7といったスター選手観て
あこがれるのもいいけど、
ドゥトラ観て欲しいなあと思いました。

相手選手との間合いの取り方、絶妙なボールキープ
そして、攻撃参加へのタイミング。

もうすぐ、40になるんですよ?!

テレビでもスター選手と持てはやしますけど、
身近(日本国内)に素晴らしい海外の選手達がいて
近くの遠征先にでも足を運べば、自分の目で見ることも出来る。
わかってもらえたらいいな。


と、話逸れましたが、約一ヶ月リーグ戦は中断です。
負傷離脱の選手達が万全の状態で戻ることを願って。



首位奪還を!!!!









スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

2013-05-26 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター