一歩一歩。

Jリーグ 第32節 ヤマハスタジアム(磐田)
ジュビロ磐田 0-1 横浜Fマリノス
中澤 佑二(後半24分)



試合後のボンバーのインタビュー。(NHK)
決して、うわついていない。
どこかしらに「優勝」という二文字はあるだろう。

それでも、目の前に控える試合を一つずつ勝って
その先に待つ栄光に向って突き進む。


それでいいんだ。


試合は終始マリノス主導といった印象。
セットプレーを多く獲得し、ゴール前での迫力もマリノスが上だった。
出来れば、前半に多くのチャンスの中から1点がもぎ取れて入れば
後半終了間際まで、緊迫した展開はなかったのかもしれない。


マリノスの得点はボンバー。
CKをマルキーニョスが頭で合わせ、GKが弾いた所を
詰めていたボンバーが蹴り込む。


貴重な貴重な貴重な1点だった。


ボンバーの気持ちが、気迫があの得点を生み出し
ボールを蹴りこんだあの位置にいさせたのかもしれない。


得点後のボンバーの表情、そして駆け寄るイレブンの喜ぶ姿で
なんか少しジーンと来ている自分がいた。

まだ、何も決まっていないんですけどね。
やっぱり、勝利、勝ち点、得点、そして張り詰めた緊張感。
少しずつ、「優勝」とい二文字も浮かんでくるわけで。


守備も安定しており、攻撃のチャンスも多く作り出して
ゴールへの脅威も十分。


この調子で、新潟戦に臨めば必ず勝てる。
勝利のみを突き詰めて。









スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

2013-11-25 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター