いざ、国立へ!!!!

天皇杯 準決勝 日産スタジアム
横浜Fマリノス 2-0 サガン鳥栖
兵藤 慎剛 (86分)
中村 俊輔 (90+4分)



いやー、我慢の約90分間だった。
前半の試合開始直後は鳥栖の激しいプレスで、
追い込まれる展開だったけど、徐々にボール持てるようになって
マリノスも反撃のチャンスをうかがっていく。


試合が動いたのは、後半の終盤、
延長か?!と頭によぎり始めたころだったかな。
左サイド起点に、学から右サイドの奈良輪へ。
その奈良輪が、焦る事も無くPA内で切り返して、
鳥栖GK林の目の前の藤田へ。
兵藤が落ち着いて決めてくれました。


そして、追加点は我らが中村俊輔。


後半ロスタイムに、カウンターからフェイントを仕掛け
ゴールを狙えるって、心身共に戻ってきている証拠と
捉えていいんではないんでしょうか。


昨日の試合で、何より輝いていたのは右SBで起用された
奈良輪だったように思います。

とにかく、攻守にアグレッシブ。
昨日の戦いぶり観ていると、ポジション奪取、
決勝も先発起用でもいいんじゃないかと思えてきました。
樋口監督の目にはどう映ったか、どう動いてくれるかは
わかりかねますが。。。。



最後に一言。

先発起用された藤田がとにかくフィットしてなかった。
まあ、リーグ戦でも出場機会無かったから、
呼吸が合わないということも、考えなきゃいけないかもしれない。
それでも、兵藤のゴールアシスト、頭で合わせて枠捉えた
ヘディングシュート以外はこれといって、いい所無かったような。

結果的に、アシストという形で貢献してはくれましたが、
それまでの、中盤とのチグハグさを樋口監督は
どういう思いで見つめていたのかなと。。

後半終了間際になれば、セットプレーも重要になってくるわけで、
そこに、FW端戸仁を投入する考えは無いんだろうなという
思いは当然ありましたが。

仁が投入されたのは、時間稼ぎのロスタイム要員で。
頭の中が「???」となりましたよ。
スタメンが無理でも、昨日の攻撃の出来からすると、
後半開始時でも、よかったんじゃないかと。

決勝は、累積で藤田が出場停止に。
スタメンは仁ですよね?樋口監督。



ここまで来たら、当然、キャプテン中村俊輔が
天皇杯掲げるのを見届けるのみです。

2013の締めくくり、そして、2014横浜Fマリノスの
華やかなスタートを願って!!!



スポンサーサイト
2013-12-30 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター