ACL・広州恒大戦

アジアチャンピオンズリーグ 2014 横浜国際総合競技場
横浜Fマリノス 1-1 広州恒大(中国)

端戸(前21分)
ディアマンティ(前38分)



勝つべき試合。
前評判で強い強いと言われていた広州恒大だったけど、
13日の試合ではそこまで強さを感じなかったな。
まあ、実力の6~7割ぐらいしか出ていなかったんだろう。

それでも、マリノスの守備の意識は高く素晴らしかった。

栗原の代わりのファビオは、ボンバーとの息のあった守備で
広州の攻撃を食い止めていく。もちろん、セットプレーでも
栗原に引けをとらない身体能力で、端戸の先制点を演出。
右サイドの小林も集中力高く、相対するムリキに仕事をさせない。
ボランチの小椋は、相変わらずの芝に這って、中盤からの
激しいプレスによる守備でボールを絡め取ろうとする。

主力抜けても、戦力ダウンする事無く勝てるチームを
目指しての戦力補強だったんだけど、
それにしても、控えに置いておくのもったいないぐらい。


先制点はマリノスも、ディアマンティのFKで同点に
追いつかれてしまったけど、追加点取って、勝つ力はあったと思う。
端戸のヘディングシュートや学のドリブルでの仕掛けで得点が入っていれば。


次は、アウェイでメルボルンビクトリーと。
いい状態で、そして、ベストメンバーで
ここでは、何とか勝ち点3を。

スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

2014-03-14 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター