指揮官の能力。

Jリーグ 第6節 デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 0-0 横浜Fマリノス


どちらもあと一歩で勝ち点3を奪えた
90分終始拮抗した試合だった。

試合は、ほぼ新潟ペース。
中盤で早いプレスでボールを奪い
川又、武蔵を中心にゴール狙ってくる。

マリノスは、2人のFWに苦労しているように思えた。
ズルズル引いてしまい、スペース与えて
決定的なシュート打たせてしまう嫌な展開が度々。
武蔵も川又もいい選手だなあと敵ながら。

そんな中でも、マリノスの攻撃も、新潟には劣るものの
前方で早い段階でボールを奪取してゴールを狙いに行く。
復帰した学もドリブルで仕掛けるもどうも、ボールが足につかない、
シュートまでいけない場面見受けられてもやもやした感じがつきまとう。

前半だけでもシュート数は、倍上回っていたけど、
効果的な攻撃のイメージは新潟の方が上だった気がする。

チャンスは作れていたし、決定的なシーンも
あったんだけど、それを物に出来なかったのが痛かった。
俊輔のピンポイントのパスに翔さん決めれなかった場面が
一番痛かったぜよ・・・。

あと、こういうスコアが動かない試合展開の中で、
指揮官すらも動かないのが印象的だった。

解説の安永氏同様、「あれ?樋口監督いるのか???」って思ってしまう始末。
カメラもほとんど、樋口監督の姿抜かなかったような。


FW登録はお決まりのような変わらぬ人選。
天皇杯でも広州恒大戦でも結果残した
アグレッシブな端戸仁投入も効果的なんじゃないかなと
思ってたんだけど、ベンチ外。
最初で最後の交代、優平投入も時すでに遅し。
交代枠2枚残す意図は何だったんでしょう。


どうも、引き寄せる事の出来る不可能ではない勝ち点3を
指揮官自らが引き離してしまってるんじゃないかと思えるような
消極的な采配が多々、見受けられる。
試合分析は、秀逸なのになあ。
試合分析から勝ちにいくための戦術はもちろん、
監督の能力って、拮抗した試合を自ら動かすために
ある種、賭けにも似た采配で勝利を引き寄せる能力も
当然ながら必要だと思うんですけどね・・・。


リーグ戦はこれで3試合勝ち無しです。
次こそは次こそは、勝ちましょう!

スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

2014-04-07 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター