完敗

前半は悪くは無かった。
伊藤、矢島の2トップもそれなりに存在感表していたと思う。
それでもねぇ、レイソルに脅威を与えるような枠行く
シュートがほとんど無かったのがね。

全体的に見て、出来不出来関係無しに走れていたのは
奈良輪のみだったような。
後半の一対一の決定的な場面、決めて欲しかったけどな。
伊藤も奈良輪からのラストパス、あれは最低でも枠内に入れなきゃ。

レイソルは大量失点しなければいいわけで、
1stレグ勝利もあいまって、もう、カップ戦専用の戦い方。
マリノスは、点を取りにいかなければならない。
試合は、レイソル待ってましたとばかりの展開に。
綺麗なカウンターでの追加点。

マリノスの後半の動き方。
明らかに運動量落ちていた選手がいた。
早めに冨澤や端戸を入れて、チャンスを生み出す事出来なかったのか。
1トップに伊藤or矢島or藤田、トップ下に、藤本or端戸。
ギラヴァンツでの端戸を見ていると
トップ下で活きる気もするんですけど。

藤田を投入して、その数分後に伊藤を下げて学。
ここらへんも、不可解だったなぁ。

それに引き換え、ネルシーニョの采配。
マリノスに地味に効きそうな「曲者」を投入してくるあたりが
やっぱり、戦い方を熟知しているなと。

マリノスも喜田が中盤で役割果たしているのが良い例で、
使い方によっては、若い選手もベテランと言われる選手も
両方とも輝く事できると思うんですよね。
それが、監督の手腕と言われるところなんですが。。。

主力がごっそり抜けるとやっぱりどこのクラブもダメなんですかね。
試合の戦い方はもちろん、やっぱり選手層の底上げが
出来ていない現状というものがまとわり着いている感じを
払拭するには、監督の交代だと思うんですが。
のらりくらりで、今日明日良くても来季、数年後と、
頼もしい若い選手がマリノスを引っ張る姿が見えてこないと、
どうしてもマリノスの未来も見えてこないんです。。。

天皇杯、ナビスコを落として、残るは、リーグ戦のみとなりました。
ケガ人続出で、危機的な状況は変わりないけど、
全神経をリーグ戦に注いで、
取りこぼす事無く、勝ち点3を積み上げていくのみです。

スポンサーサイト
2014-09-08 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター