アデミウソンのコンディションと連携深化が鍵か。

開幕戦を完敗で落としてからのFC東京戦。
攻撃に守備と見えてきた課題も豊富で、
モンバエルツマリノスの船出早々、暗雲か?と
一抹の不安を覚えながらの第2節観戦。

合流間もないアデミウソンが先発から名を連ね、
どこまで、やれるのかと注目しながら見ていたんだけど、
コンディションや周りとの連携はもう少し、
時間がかかるかなという印象でしたね。
逆に言うと、フィットしてくれば、
攻撃の脅威になってくれることは間違いなしだなと。

マリノスの攻撃のシーンは、シュートも比較的多く、
あともう一押し、決定的な所をモノにしていれば、
十分に勝ち点3を奪える状態ではあったと思います。
兵藤の2回の決定機や右サイド学→アデミウソンのシーンが
確実に決まっていればなあ。。。

個人的に思うんですけど、学はFWではなく、
従来の使われ方の左MFの位置の方が活きそうな気が。
センターフォワードに翔さん、そして、縦にアデミウソン(トップ下)との
関係とかでも面白そうな気もするんですけどね。
右MFには兵藤で。
左のペナ角中辺りで、2人のDFを早いモーションで切り替えして
シュートを打つ学を見て、やっぱり、あの辺りを崩していくのが
学なんじゃないかなと考えていました。

守備面では、今季初先発だったファビオが存在感表していました。
高さはもちろん、中盤でのボール裁きも危なげなく良かった。
もっともっと、中町や三門などと連携深めて、
パス供給役の意識も高めてくれれば、今後も先発起用あるんじゃないかな。

やっぱり、マリノスの守備は失点0じゃなくちゃ。
日本代表でも売り出し中の大人気の武藤くんを
しっかり、抑えて仕事させなかったのも大きな収穫だったのでは。
次節は、豊富な運動量のサガン鳥栖戦だけど、
前からのプレスに耐え、早い攻撃に対応出来てくると
マリノスの守備力の確実な証明になってくる。

負け、引き分けと来て、やっぱり次こそは勝ち点3以外ありえないでしょう。
ミッドウィークのナビスコ(仙台戦)挟んでの、鳥栖戦。
何となく苦手意識があるクラブではありますが、
ナビスコも含めて、しっかり勝ち点3を奪う戦いをお願いします。

スポンサーサイト
2015-03-15 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター