目前の勝利と後継問題

セットプレーからの失点だけに抑えていただけに、
猛攻時に、1点でも奪えていれば、戦況は変わっていたと思う。
相変わらずの決定力・・・。

そんな中でも、プラスに考えてもいい部分はあった。
学とマルティノスのスピードとドリブル。
特に、昨日の学はまさに「無双」だtった。
今夏、学が海外挑戦という噂もあるらしいけど、
彼が抜けると、今のマリノスは大ダメージで戦力大幅ダウンだろうな。
それぐらい、攻撃面では彼の存在が大きいから。

そして、ボランチ起用のパク・ジョンス。
喜田&中町も良いんだけど、パクの中盤でのキープ力と捌き方は
目を見張るものがあった。
センターバックがボンバー&ファビオ、勇蔵なら、
中盤は、パクに喜田、中町、三門と色々なコンビでいけそうな気がする。

ここ数年のマリノスは、まず一言目が「絶対的FW」の必要性だったんだけど、
そこに、俊輔の後継をどうするか、ボンバー、勇蔵に続く、大型CBの系譜を
誰に継がせるのか、そういう問題も解決しなきゃいけなくなったように思います。
ファビオやパクがこれからも、トリコロール一筋ならいいんだけど、
他のJクラブのみならず、アジアに奪われる可能性だって無きにしも非ず。
やっぱり、鹿島の植田みたいな若い日本人CBが
マリノスにも控えて欲しかったなあと。

俊輔の後継も。
完全に戦術俊輔を封じられていても、頼り切らなきゃいけない現状。
仮に、長期離脱してしまった場合にオプションはあるのか。
現状では、学か兵藤あたりか。
フロントは、ハマの核弾頭、和製アデミウソンこと、
小野裕二にアプローチかけてくれないんだろうか・・・。(しつこい)

これで、5戦勝ちなし。
監督代えて、勝てるのか?という意見あるけど、
監督代えないで、再浮上出来る可能性もあるんですかね。








スポンサーサイト
2016-05-15 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター