マルティノスのCF起用を。

先発のFW伊藤にボールが収まらない、運動量もケイマンほどでもない、
そんな状態で前半45分折り返し。。。
去年に戻ったかのような、
シュート数も片手で余裕で足りてしまう、物足りない寂しい前半。

相手もやっぱり研究してくるのは当然ですよね。
左の学、右のマルティノスと徹底的して張り付き、
持ち味のドリブルを完全に封じ込める戦略。

両ワイドが使えない時に、マリノスはどうするか?
真ん中と言いたいところだけど、バブンスキーは代表戦明け、
トップ下起用の前田は消えていることが多かった。

さらに言うと、ボランチもさほど良さを感じなかったかな今日は。
試合開始早々の中町故障で急きょ出番が回っきた喜田も
そして、天野もどうも中盤から試合をコントロール出来ない。
正直、後ろ、横へのパスが多い。。。

セレッソ杉本、山村に目がけてのロングボールを、
圧倒的な強さでボンバーが跳ね返し制圧するも、
そのセカンドボールをボランチの2人が攻撃の一手に繋げられないんだよな。
天野・喜田のボランチも限界が見える。
扇原・喜田、デゲネク・喜田を試してはどうだろうか。

FWもでウーゴを90分フルでと言いたいけどまだ無理なのかな。
ケイマンもケガ、今日の伊藤の出来だと、
やっぱり、暫定的なマルティノスのFW起用を見てみたい。
何となくDF背負えるようだし、得意のドリブルも活きそう。
学やバブ、前田らと息が合えば、十分に相手には脅威になると思う。
前線からの守備にムラがあるのは周知だけど、
昨季までいたブラジル人FWよりはマシなんじゃないのかな。

marino-fomation-[更新済み]

昨日は後半から投入のバブンスキーが唯一の望みだった。
そのバブにボランチからボール供給がもっと出来れば
状況は変わるはず。学や前田ももっと活きてくると思う。

開幕戦の浦和、札幌と良い勝ち方をしたが、
やっぱり待ち受ける対戦相手は当然対策練ってくる。
マリノスの攻撃の中心(学・マル)を消された時、
その他に攻撃のプラン・戦術がマリノス、監督にはあるのか。
そこを、見ていかないと勝てずにズルズル下がる一方だと思います。
選手の出来もそうですが、監督の3年目の力量が早くも問われそうです。
スポンサーサイト
2017-04-01 : 横浜Fマリノス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

マルちゃんのワントップ一度みたいですね★
同じこと考えてました。とにかく今後対戦相手のサイド封じは確実ですし、何か策が必要ですよね。
去年までの監督の手腕だと不安に感じますが。。。
2017-04-10 02:19 : マリノスケちゃん URL : 編集
Re: マルちゃんのワントップ一度みたいですね★
> マリノスケちゃん さん

コメントありがとうございます。
両ワイドでの学・マルティノスは破壊力抜群、
ウーゴもやっとフル出場出来るようになりましたが、
やっぱり、FWの得点量産は期待したいところですよね。
マルちゃんも、1トップでやれるんじゃないかと
常々、思っていました^^
2017-04-10 08:10 : マリオ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター