スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

守備陣の踏ん張りに応えてあげてくれ、攻撃陣。

学の早い時間帯での先制点で、今日は優位にゲーム進められるか??と
思っていたけど、そう甘くはなかった(´・_・`)

前半は、ある程度「攻めの形」を出せていて、
前半だけを見れば、負ける気はしなかったけど、
後半に柏がギアチェンジして、猛攻食らい始めた時から、
「これは、やばいかも…」という思いが自然に湧き出てくる。

監督とすれば、前半のまま、後半も様子を見てみようだったんだろうな。
ある程度の時間帯で、守備固めでゲームを締めよう。
そういう戦術だったに違いない。

私は、その1-0を守り切る試合運び自体に納得いかなかった。
後半の柏の猛攻時に、押されているなら押し返そうという
そういう、戦術プランが無いのが残念だった。

一発のあるウーゴでもいいし、マルの1トップにかけるのもいい。
前田やシノヅカ、昨日はいなかったけど、バブンスキーや遠藤を
投入して、反転攻撃に転じるという明確な意思をなぜ見せられないのか。

正直、学&マルの両翼攻撃は
対戦相手に研究し尽くされていると思います。
天野の消極的なバックパス、アタッキングサードから
最後尾までパスを戻すのなんか、ほんと目も当てられなかった。

マルティノスの欠点でもある痛がって転げ回っている間に、
決定的チャンスを迎え、ボールが右サイドに転がって来るも、
そこに、マルはいない。
守備時にも、同様に倒れている間に右サイドを
攻撃で攻め立てられる始末。

天野もマルも、たまに一発があるが、その他では及第点以下か。
何回も言うように、前田、バブ、遠藤、シノヅカらを
起用していかないと、競争力からの若手の突き上げも
無くなって、チームとしての総合力も高まらないと思う。

marino-fomation-[更新済み]
*マルちゃん、ゴールへ一直線でいいからね。(´∀`*)

マリノスの選手というのは、若手からベテランまで充実していて、
能力的にもJ1上位クラスだというのに、
その選手を操る監督が、J1レベルではない事が証明されつつある。

このまま、現指揮官で突き進むんだろうけど、
監督交代して、選手起用から全てリセットした
マリノスも見たいという思いもあります。





スポンサーサイト
2017-09-17 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。