内容を伴わないと、上位は厳しい。

アウェイで完敗とでも言いましょうか。
圧倒的に崩されて負けたわけでもないんですが、
こちらの攻撃が何も出来なかったので、
スコア以上に「負けた感」があるような気がしてます。

今日の試合も、広島戦の延長を見ているような気分だった。
柏の走る攻撃に惑わされて、こちらはとにかく
ボールを最後尾から掻き出すのがやっと。
繋ぎの部分でのミス、ズレから柏にカウンターを食らうばかり。
右のマルティノスの不在、学のドリブルも完全に防がれていた。
学が抑えられている時に、天野や前田がと思っていたけど、
消えている時間帯のほうが多かったかな。

唯一、(攻撃に関して)光となっていたのはバブンスキーぐらいか。
とにかくテクニカルなドリブルで前へ前へと。
シュートまではいかなかったけど、トップ下での役割は果たしていた。
それと、短い時間だったけど右で使われた遠藤も可能性を感じた。
右のワイドでスタメン起用なんてどうでしょう?監督。
あとはウーゴが輝いてくれればなぁ。

marino-fomation-[更新済み]

ウーゴが思うような活躍を見せられていない以上、
やっぱり、マルティノスのCF起用を一度試してみて欲しい。
右は、もう一度チャンスをという事で、遠藤を。

左SBに山中を置いたのは、学の攻撃をやっぱり
最大の武器である左足で援護して欲しいと思ったからです。
相手は「おっ、山中来んのか?齋藤か?」ってなると思うし。
両サイドの攻撃のバリエーションももっと増やして欲しいです。

あと、ボランチにはデゲネクを。
とにかく、どっちに攻めているの?って錯覚起こすような
バックパス横パスの応酬は見ていられません。
一言、消極的過ぎる。
今日の喜田はミスパスが続いたりと、あまり良い所
見受けられませんでしたが、
現状、守備的MFとしては代えのきかない
欠かせない選手と思いますので。

内容的にも攻撃で相手を翻弄して、
シュート数も一ケタなんてのも脱却して欲しい。
その中で、勝って上位に進出すれば、
ACLも優勝も夢ではないと思います。
監督にはもっと、色んな発想で試して欲しいです。
2017-04-22 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

虎の子一点を守り切る・・・。

内容としては、正直納得がいきませんでしたが、
それでも、虎の子一点を守り切っての勝ち点3奪取。
下位に沈むチームとは言え、広島の攻撃の方が、見応えあったかな。

マリノスは試合開始早々にボンバーの今季初得点で
先制するも、なかなかなかなか追加点が生まれない。
せめて、後半にも追加点を奪えていれば楽になっていたかも。

昨日も、少々不安だったのが、ウーゴ、バブンスキーのところが
あまり目立っていなかったところ。
ボランチのところでの消極的な部分も頂けない。
広島を伺うのはいいけど、やっぱりウーゴやバブ、学、マルへの
無駄を省いた縦のパスが見たい。

何とか勝ち点3を奪えることは出来たが、
それでも勝ちに見放された不調とされる広島相手だし、
問題は上位のチームと対戦して、気持ち良い勝ち方が出来るかどうか。

やっぱり、本心は学やウーゴがズドンと決めての勝利なんです。

内容はついてこなかったけど、結果がついてきた。
そう考えて、次節はもっと気持ち良い勝ち方をお願いします(´・Д・)」




2017-04-17 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブログタイトル、デザイン変更しました。

マリノスも2017、新しい船出という事で、ブログデザインも一新しました。
細々と更新していきますので、さらっと流し読みでもいいですし、
「お前ふざけんじゃねえぞ」とコメント入れてもらっても構いません。、
気に留めてもらえれば幸いです。

どうぞよろしくお願いします^^

2017-04-11 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

私はジュビロの10番にブーイング出来ない

ブーイングには色んな意思、想いがあるだろうし
ブーイングするもしないもサポーター、ファンの
自由だろうけど、私は出来なかった。

どういう経緯でトリコロールを脱いで去ったのか、俊輔本人しか知りえない。
それまで、横浜Fマリノスを愛してくれていたことは事実。
他クラブの好条件に靡かれて、二つ返事で移籍が決まったわけでもない。
それはそれは、苦渋の決断があった事も移籍決定時に本人も口にしていた事だし。
私は、この後数年先、マリノスに戻って来れる機会があれば歓迎したい。
選手としては多分無理だろうから、ぜひとも指導者として。

違和感たっぷりの新旧10番対決は、学の2アシストで試合が決着しました。
学、マルティノスの両翼が躍動しての勝利。
昨日は、もっと活躍して欲しい天野のミドルもあったし、
あの辺りが、パターンに入れば、もう少し攻撃の幅も拡がりそう。
学のドリブルを防ごうと意識させておいての、天純の攻撃参加とか。
昨日は、右の松原も攻撃の意識高く、何度も駆け上がっていたのも良かった。

一つ強いて言えば、もう少しバブ、ウーゴに良いボールが
入ってもいいのかなあと思ってました。
特に、前半は決定的な場面少なかったような。
後半に、ウーゴがカウンターからの決定機外す場面あったけど。

マリノスにとっては、記憶に残る一戦だったけど、
何はともあれ、勝利出来て、勝ち点3を積み上げられた事は大きい。
この流れで、連勝して上位に再び食い込める様に。
2017-04-09 : 横浜Fマリノス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

マルティノスのCF起用を。

先発のFW伊藤にボールが収まらない、運動量もケイマンほどでもない、
そんな状態で前半45分折り返し。。。
去年に戻ったかのような、
シュート数も片手で余裕で足りてしまう、物足りない寂しい前半。

相手もやっぱり研究してくるのは当然ですよね。
左の学、右のマルティノスと徹底的して張り付き、
持ち味のドリブルを完全に封じ込める戦略。

両ワイドが使えない時に、マリノスはどうするか?
真ん中と言いたいところだけど、バブンスキーは代表戦明け、
トップ下起用の前田は消えていることが多かった。

さらに言うと、ボランチもさほど良さを感じなかったかな今日は。
試合開始早々の中町故障で急きょ出番が回っきた喜田も
そして、天野もどうも中盤から試合をコントロール出来ない。
正直、後ろ、横へのパスが多い。。。

セレッソ杉本、山村に目がけてのロングボールを、
圧倒的な強さでボンバーが跳ね返し制圧するも、
そのセカンドボールをボランチの2人が攻撃の一手に繋げられないんだよな。
天野・喜田のボランチも限界が見える。
扇原・喜田、デゲネク・喜田を試してはどうだろうか。

FWもでウーゴを90分フルでと言いたいけどまだ無理なのかな。
ケイマンもケガ、今日の伊藤の出来だと、
やっぱり、暫定的なマルティノスのFW起用を見てみたい。
何となくDF背負えるようだし、得意のドリブルも活きそう。
学やバブ、前田らと息が合えば、十分に相手には脅威になると思う。
前線からの守備にムラがあるのは周知だけど、
昨季までいたブラジル人FWよりはマシなんじゃないのかな。

marino-fomation-[更新済み]

昨日は後半から投入のバブンスキーが唯一の望みだった。
そのバブにボランチからボール供給がもっと出来れば
状況は変わるはず。学や前田ももっと活きてくると思う。

開幕戦の浦和、札幌と良い勝ち方をしたが、
やっぱり待ち受ける対戦相手は当然対策練ってくる。
マリノスの攻撃の中心(学・マル)を消された時、
その他に攻撃のプラン・戦術がマリノス、監督にはあるのか。
そこを、見ていかないと勝てずにズルズル下がる一方だと思います。
選手の出来もそうですが、監督の3年目の力量が早くも問われそうです。
2017-04-01 : 横浜Fマリノス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
トリコロールがない生活はありえません。横浜Fマリノスに所属する全ての選手を応援しています。

試合日程・順位表



ブログランキング参加中してます

ブログ更新の励みになります。
ポチっと、宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

FC2カウンター